タイラー・キャメロンと家に帰る:元バチェラーの新番組についてわかっていることすべて

「バチェロレッテ」シーズン15の元出場者タイラー・キャメロンは、プライム・ビデオの新しいリアリティ番組「Going Home with Tyler Cameron」でさらに広い視野に立っています。

このシリーズは4月18日に放送開始となり、タイラーが故郷のフロリダ州ジュピターで家を改築し、転売することで夢を実現する様子が描かれる。

タイラーは母親が亡くなった後、故郷に戻り、シーズン 1 の終わりまでに、ファンは彼が亡き母親の家を彼女がずっと夢見ていた家族の家に変える様子を見ることができます。

タイラーは、新しい建築と住宅改築の旅を進めながら、住宅転売の専門家であるロブ・リッチとインテリアデザイナーのジェシカ・キンテロと緊密に協力していきます。

「バチェロレット」シーズン15でタイラーの元恋人だったハンナ・ブラウンのようなおなじみの顔も、「Going Home with Tyler Cameron」に出演します。

バチェラー・ネイションの卒業生マット・ジェームズとジェイソン・ターティックもタイラーの新番組に出演する予定だ。

タイラー・キャメロン監督の映画『Going Home』の予告編で、彼は住宅建築への情熱がどこから来たのかについて語っています。

「私の血には建設業が流れています。父はゼネコンで、私もずっと父の跡を継ぎたいと思っていました」とタイラーさんは語った。

タイラーは予告編の中で、この番組が「新たな章」であり、「新たなスタート」を切るとも語った。

タイラーのファンは、 4月18日にプライム・ビデオで『Going Home with Tyler Cameron』に出演し、彼が初めてのマイホームの転売に挑戦する様子を見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です