Activision が MW3 と Warzone の不正行為者 5 万人以上を禁止したとして厳しい声明を発表

Activision は、CoD プレイヤーによる「誤った」永久禁止の主張を却下し、Modern Warfare 3 および Warzone での不正行為を理由に 58,000 を超えるアカウントを正式に禁止しました。

CoDは10年以上も不正行為者との戦いを続けてきましたが、2021年にActivisionは専用の「RICOCHET」不正行為防止システムをリリースすることで、その武器を強化しました。2024年のMW3とWarzoneに早送りすると、不正行為防止システムが絶えず改善されているにもかかわらず、戦いは依然として続いています。

Activision はシーズン 3 の準備段階のわずか数日前に、27,000 件の CoD アカウントを禁止したことを発表し、その中で Team RICHOCHET は「今後さらに多くの禁止措置が講じられると予想している」と述べていました。

4月10日、彼らはまさにそれを実行したと明らかにした。さらに58,000人の不正行為プレイヤーが追放され、わずか5日間で追放された人数は合計85,000人を超えた。

Activision の担当者は、 CharlieIntelに禁止措置に関する声明を発表しました。「商品のサブスクリプションを販売しようとする不正行為者の大胆な主張には注意してください。#TeamRICOCHET は、一連の標的型不正行為ベンダーの取り締まりを開始しており、昨日は 58,000 を超えるアカウントが禁止されました。今後も禁止措置が続くことが予想されます。」

WarzoneとMW3のシーズン3の開始時に禁止措置の波が押し寄せ続ける中、コミュニティのプレイヤーは開発者に不満を訴え、禁止措置は「間違い」だと非難している。これは、禁止措置の対象となる違反行為であるロック解除ツールを使用しているプレイヤーの流入によっても煽られている。

しかし、 CharlieIntel に提出されたさらなる声明の中で、Activision はこれらの主張を否定し、Call of Duty の永久禁止は最終的なものであり、「誤った永久禁止はない」ことを確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です