K-bizは1ヶ月で3組の新カップルと5組の離婚を目撃した

▲ カリーナ ♥ イ・ジェウク、ハン・ソヒ ♥ リュ・ジュンヨル、チョン・ウンチェ ♥ キム・チュンジェ

aespaのカリナと俳優イ・ジェウクは先月27日、熱愛を認め、2024年に芸能界初の公式カップルになった。カリナは2000年生まれ、イ・ジェウクは1998年生まれで、2歳差だ。2人はトップK-POPスターと世界的な新進俳優の交際で注目を集めた。2人は1月、ミラノで行われたブランドのイベントで初めて会ったと伝えられた。

カリナ・リー・ジェウク-サムネイル

2024年第2のビッグカップルはハン・ソヒリュ・ジュンヨルだ。3月15日にハワイで一緒にいるところを目撃され、2人は恋愛関係を認め、2024年の芸能界第2の公式カップルに選ばれた。ハン・ソヒとリュ・ジュンヨルの恋愛関係は、リュがハンのために元恋人のヘリをだましていたという疑惑がヘリのインスタグラムストーリーに「面白い」というコメントを投稿し、ハンが反論したことで、あまり支持されなかった。その後、ハン・ソヒとヘリはともに自分たちの行動について謝罪した。

チョン・ウンチェ、キム・チョンヘ

3番目のカップルは女優チョン・ウンチェとデザイナーのキム・チュンジェだ。1986年生まれの同い年カップルは2024年芸能界3番目の公式カップルになった。チョンとキム・チュンジェはお互いのSNSに「いいね」をクリックして恋愛を隠さなかったと伝えられた。2人は知人に紹介するなど愛情を隠さず、チョンも昨年7月にキム・チュンジェのスタジオで撮った写真を公開した。2人はSNSのストーリーに知人やキム・チュンジェが撮った写真も公開し、2024年3番目のカップルになった。

▲ファン・ジョンウム、ベン、ホ・ドンウォン、ソ・イニョン、イ・ボムスの離婚

離婚の手続きはファン・ジョンウムが始めた。ファン・ジョンウムは4月22日に婚姻関係の破綻を報告した。ファン・ジョンウムは「熟慮の末、これ以上結婚生活を続けるのは難しいと判断した」とし、「離婚を申請中」と明らかにし、SNSに夫を攻撃するようなニュアンスが込められたメッセージや写真を掲載して結婚生活に終止符を打っている。

ファン・ジョンウム サムネイル

歌手ベンも3年ぶりに離婚した。2020年8月にW財団会長イ・ウクと結婚し、昨年2月に娘を出産したベンは、離婚調停申請書を提出し、最終的な離婚判決だけを残したと伝えられた。ベンは離婚の帰責事由は夫にあると釈明し、子どもの親権はベンが持つ予定だ。

ソ・イニョンは結婚1年で離婚した。昨年2月、IT事業家と結婚したソ・イニョンは、華やかな結婚式で注目を集めたが、結婚7カ月後に破局説に巻き込まれ、1年で結婚生活に終止符を打った。ソ・イニョンは「離婚と本人の責任となる理由は本人の私生活であり、詳しい話はできていない」と明らかにした。

俳優ホ・ドンウォンも結婚1年で破局を発表した。昨年3月に一般人と結婚式を挙げたホ・ドンウォンは「俳優の私生活のため、追加の質問にはお答えしにくいことをご了承ください」と伝えた。

イ・ボムスとイ・ユンジンも14年間の結婚生活に終止符を打った。2010年5月に結婚し、息子1人と娘1人のいる2人は、水曜日に離婚を認めた。イ氏は「現在、離婚に向けて調整中だ。状況が落ち着いたらお知らせする。私も(状況は)とても悪かった。ご迷惑をおかけして申し訳ない」と述べた。イ氏は調停日に出席しなかったイ氏を標的にした記事も掲載され、問題の渦中に立たされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です