MattHDGamerは、一晩で「収益を凍結」した後、Twitchに説明を求めている

MattHDGamerは、Amazon所有のストリーミングプラットフォームTwitchが収益を差し控えたことを受けて、Twitchに説明を求めている。

MattHDGamer は、FIFA コミュニティで長年活躍しているクリエイターです。2010年にYouTube チャンネルを開始して以来、現在 32 歳の彼は、これまでに 240 万人という驚異的な登録者数を獲得しています。

最近、このYouTubeスターはストリーミングに力を入れ始め、EA FC 24をプレイしながら毎日数時間ライブ配信を行っており、平均300人以上の視聴者を獲得している。

しかし、4月8日、FC 24の配信者は助けを求め、Twitchが凍結し、獲得した収益を差し押さえたと説明した。

「皆さん、Twitchが私のチャンネルを部分的に停止しましたが、理由を教えてくれません。配信はまだできますが、収益はすべて凍結されています」と 彼はTwitter/Xに書いた。「彼らは助けてくれません。本当にがっかりです。ちょうどフルタイムで配信を始めたところなのに。」

ソーシャルメディアの別の投稿で、ストリーマーはアマゾン所有のプラットフォームに問題を早急に解決するよう求めた。彼によると、解決には数週間かかる可能性があるという。「過去30日間で148時間ストリーミングしたが、本当に楽しかった」と彼は述べた。「早急に解決する必要がある。2週間以上かかる可能性があると言われた」

マット氏によると、Twitch はボットや疑わしい活動を発見したとのことで、これは襲撃によるものと疑われており、プラットフォームのシステムが措置を講じ、彼のチャンネルを部分的に停止したという。

この矛盾の結果、Twitch はマットのチャンネルの動画および音声広告を停止し、少なくとも 2 週間はすべての広告収入を差し控えることになった。ただし、ビットおよびサブスクリプションからの収入はストリーマーが引き続き受け取ることができる。

ファンは、問題が解決するまでマットにキックやYouTubeなどの他のプラットフォームでの配信を検討するよう促している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です