aespaのカリーナとイ・ジェウクの交際報道でプラダが話題に 

2月27日、aespaのカリーナと俳優イ・ジェウクがメディアサイトDispatchによって交際が明らかになった。

Dispatchの元記事によると、カリーナとイ・ジェウクはプラダのファッションショーで出会って「一目惚れ」したという。その結果、ミラノで行われたプラダのファッションショーでのカリーナとイ・ジェウクのビデオは急速に注目を集めた

プラダ

しかしその一方で、「プラダの呪い」は、ある滑稽な理由により、中国のSNS Weiboでトレンドキーワードになっている。それは、ファッションハウスが違法行為や私生活のスキャンダル、デートの暴露。

実際、カリーナとイ・ジェウクがプラダのおかげで「恋に落ちる」前に、このブランドは、蔡徐坤(中絶要求)、コー・チェントゥン(親密な写真の流出スキャンダル)、PGoneなど、後に物議を醸すことになるさまざまなアンバサダーと契約を結んでいた。 (李暁露との不倫)、李亦峰(売春と脱税スキャンダル)、鄭爽(代理出産と脱税スキャンダル)。

韓国側では、プラダはそれぞれ「権力乱用」と「不正行為」の告発に直面したアイリーンとチャニョルと契約した。

2022年にプラダのアンバサダーに就任したチョン・ソミも最近、スターバックスの宣伝で批判を受けた

その結果、多くのネチズンは、長年にわたって「PRの混乱」から抜け出すことができないように見えるプラダの「幸運」に困惑しています。

出典: K Crush、Weibo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です